曲の紹介/特徴

「アナスターシャ」は乃木坂46の3月25日発売乃木坂46 25thシングル『しあわせの保護色』初回仕様限定に収録される。

「乃木坂46 幻の2期生ライブが7日、SHOWROOMで生ライブ配信された楽曲である。

某ラジオ番組で2期生が「アナスターシャ」について
今まで「ボーダー」とか「ライブ神」など基本インパクトある2期生の楽曲に比べて、「泣かせにくる」と語っている。

MVの撮影の後に、号泣するメンバーが多くいるほど泣いているという曲らしい。

MVや歌詞をじっくりと深読みすることで、研究生時代からの2期生たちの頑張りが
非常に事細かく演出されているのでMVをじっくり見ながら応援していきたい。


コール

※この曲にコールはありません。

Aメロ

岬の先を ロシアの貨物が
ゆっくりと通り過ぎていく
そのコンテナに 何を乗せるのか
夢はどこへ向かうのだろう

Bメロ

その上空を 旋回してる
たった一羽の渡り鳥よ
何度日が沈み 何度昇れば
遥か彼方の大陸に辿り着く

サビ

ごめんアナスターシャ 約束を守れずに
あの夜の僕には 勇気がなかった
ごめんアナスターシャ 僕にはまだ若すぎて
止められなかった 愛すことの
その重さ 背負えなかった僕さ

Aメロ

僕の教科書に 走り書きをされた
知らない街のアドレス
もしはぐれたら ここで会おうと
君は未来信じていたんだね

Bメロ

今この手には チケットがある
国境超えたリグレートよ
何度夢を見て 何度覚めれば
胸の痛みは跡形さえなくなるの

サビ

いつかアナスターシャ 悲しみを訪ねよう
目に浮かぶ面影 心の音色を
いつかアナスターシャ 変えられぬ過ちの
傷口辿って 隠されてた
その意味に 苦しむべきだと思う

大サビ

ごめんアナスターシャ 約束を守れずに
あの夜の僕には 勇気がなかった
ごめんアナスターシャ 君はまだ若すぎて
止められなかった 愛すことの
その重さ 背負えなかった僕さ


乃木坂46と関連があるアイドル