曲の紹介/特徴

ガールズルールは乃木坂46の6作目のシングル作品である。
5作目までは生駒里奈がセンターを務めていたが、ガールズルールからは白石麻衣がセンターを務めた。まいやんにとっては初のセンター楽曲である。

ガールズルールの成功祈願として、「乃木坂ってどこ?」でキャンプテンの桜井玲香がバンジージャンプを行った。

海岸線を  (〇〇!)
バスは進む  (〇〇!)
空は高気圧  (超絶かわいい!〇〇!)
これが最後の夏だから (〇〇!)
部活のメンバーと (〇〇!)
思い出作りの合宿  (超絶かわいい!〇〇!)

全開にした窓から  (〇〇!)

潮風に乗って  (〇〇!)
波音が近づいて来る  (超絶かわいい!〇〇!)
バスタオルを巻き付けて
10秒で
水着に着替えよう  (ハーイ!ハイ!ハイハイハイ!)

青春時代の女子高生の気持ちを描写しているガールズルールは、
夏の疾走感をもとに女の子の気持ちを表現している。

ガールズルール  (ハイ!)
彼を好きになって
一緒にいつも
泣いたり
喜んでくれたね
ガールズルール   (ハイ!)
パパやママに言えない
秘密の話
いっぱいこの海に流したら
忘れよう
いつか(いつか)  いつか!
今日を
思い出すまで

彼ができても、一緒に青春を共にしてくれる友とのきづな。
パパやママには言えないけど、友達となら話せることもたくさんあるのでは。

今日の思いでを将来一緒に話すことができたらいいなという想いを込めながら、
友の大切さについて書かれている曲ですね!


コール

イントロ

(ハイ!×16)

Aメロ

海岸線を  (〇〇!)
バスは進む  (〇〇!)
空は高気圧  (超絶かわいい!〇〇!)
これが最後の夏だから (〇〇!)
部活のメンバーと (〇〇!)
思い出作りの合宿  (超絶かわいい!〇〇!)

全開にした窓から  (〇〇!)
潮風に乗って  (〇〇!)
波音が近づいて来る  (超絶かわいい!〇〇!)
バスタオルを巻き付けて
10秒で
水着に着替えよう  (ハーイ!ハイ!ハイハイハイ!)

Bメロ

何でも見せ合える仲じゃないか  (オー、ハイ!×4)
1!2!3!  (フッフー!)
3!2!1!  (フッフー!)
女の子たちは
真夏に恋して
卒業して行く  (フー!)

サビ

ガールズルール  (ハイ!)
彼を好きになって
一緒にいつも
泣いたり
喜んでくれたね
ガールズルール   (ハイ!)
パパやママに言えない
秘密の話
いっぱいこの海に流したら
忘れよう
いつか(いつか)  いつか!
今日を
思い出すまで

間奏

(ハイ!×16)

Aメロ

真っ白な砂浜  (〇〇!)
青い海の色  (〇〇!)
青春はセンチメンタル  (超絶かわいい!〇〇!)
水をかけて騒いでた  (〇〇!)
マーメイドから
サンダルが脱げちゃった  (超絶かわいい!〇〇!)

Bメロ
ゆらゆらさざ波が運んで行く  (オー、ハイ!×4)
待って!  (フッフー!)
もう少し!  (フッフー!)
男の子たちが
やってくるそれまで
私たちの夏  (フー!)
サビ

ガールズトーク  (ハイ!)
女の子同士は
嫌なとこまで
見せ合って
楽な関係になる
ガールズトーク   (ハイ!)
いくつ恋をしたら
そうなれるかな
可愛い自分だけ演じてたら
無理だね
もっと(もっと)  もっと!
今日の
私のように

間奏

フー!
ハイ!ハイ!…
ハイ!

大サビ

ガールズルール   (ハイ!)
彼を好きになって
一緒にいつも
泣いたり
喜んでくれたね
ガールズルール   (ハイ!)
パパやママに言えない
秘密の話
いっぱいこの海に流したら
忘れよう
いつか(いつか)  いつか!
今日を
思い出すまで
ずっと(ずっと)  ずっと!
胸にガールズルールアウトロ
(ハイ!×16)

乃木坂46と関連があるアイドル