曲の紹介/特徴

西野七瀬の初センター楽曲「気づいたら片想い」
乃木坂のシングルタイトル曲で初めての女性目線の楽曲です。
女性目線ということもあり、女性からの共感が相次ぐ歌詞になっております。
気づいたら片想い、いつの間にか好きだった。
そんな気づいたら片想いをしている人は多いのではないでしょうか。

コール

サビ

気づいたら片想い
いつのまにか好きだった
あなたを思うその度
何だか切なくて…

間奏

(ハイ!×8)

Aメロ

人は生まれて何回の出会いがあるの?  (〇〇!)
今度こそ運命だなんていつも信じて  (〇〇!)
それでもなぜかすれ違って傷ついて (〇〇!)
絶対 恋なんかするもんかとあれから決めていたのに…  (〇〇!)

紹介された時に興味ない振りをして  (〇〇!)
無愛想だったのは自分を守るためだった  (〇〇!)
誕生日もクリスマスもバレンタインデーも (〇〇!)
一人でも過ごせる強さを
ようやく身につけたはず

Bメロ

(だめよ)あなたがどこにいるか気になるし
(無理よ)電話掛けて声を聴きたい
(嫌よ)あんなに苦しくてつらい日々
涙だって もう枯れた今の私よ

サビ

気づいたら片想い
いつのまにか好きだった
あなたを思うその度
何だか切なくて…
気づいたら片想い
認めたくはないけど
強情になっている分
心は脆いかも…

間奏

(ハイ!×8)

Aメロ

友達の一人だと思い込もうとして  (〇〇!)
無理に普通でいようとしてたら余計にぎこちない(〇〇!)
あなたを紹介してくれた彼女のことまで  (〇〇!)
近づく異性に嫉妬して
あきれさせるでしょう

Bメロ

(ずっと)傷つかない唯一の方法は
(わざと)臆病でいることしかなくて
(だけど)でも自分に嘘はつけない
人混みの中 そうあなたを探していた

サビ

初めからわかってた
いつの日にか好きになる
あなたと目が合った時
本当は予感してた
初めからわかってた
特別な人だった
恋とは与えられるもの
決して抗(あらが)えない

Cメロ

感情を抑えても息が苦しくなる
こんなに好きなのに言葉にしたら消えそうで

大サビ

気づいたら
気づいたら
気づいたら片想い
いつのまにか好きだった
あなたを思うその度
何だか切なくて…
気づいたら片想い
認めたくはないけど
強情になっている分
心は脆いかも…

受け入れるしかないね

アウトロ

(ハイ!×16)

乃木坂46と関連があるアイドル